毎日の交通費もクレカ払いでポイントを貯めてお得に

みなさんはクレジットカードをどんな時に使いますか?

私は主に値段が張る買い物や旅行の時に保険目的に使います。日常生活ではあまり出番な無かったんですが、最近転職して電車通勤になったことで私のクレカライフにも変化が出てきました。

電車に乗る時に切符をわざわざ買う人は今はもう少ないと思います。ほとんどの人はモバイルsuicaやカード式のsuicaなどでタッチして電車に乗ると思います。私は今までそういったことに縁がなくてイマイチピンと来なかったんですが、これ使ってみるとめっちゃ便利です(笑)朝イライラして切符売り場に並ばなくて済みますし、電車以外にも買い物にもチャージしておけば使えます。

私は愛知県に住んでいますが、愛知県ではtoica(suicaの中部地方版です)とmanacaがあります。前者がJRで後者が名鉄です。相互利用が可能なので、どちらを選んでもいいんですが、名鉄の方が電車代が安い、貯まるポイントが買い物に使える点から私はmanacaを選びました。

そんな理由でmanacaを使い始めたんですが、最近になって名鉄から一枚のクレカが登場しました。それがミューズカードです。ミューというと名鉄特急の特別車の指定席券ミューチケットを思い起こしますね。

ミューズカードは普段の買い物でポイントが貯まって、さらにチャージや定期券の購入でもポイントが貯まるので、名鉄を通勤手段にしている人には必携の一枚と言えます。キャンペーンでポイントプレゼント中なので今おすすめですよ。詳しくはこちらのミューズカード詳細をご確認ください。

JR西日本の昼間特割きっぷをジャックスカードで購入

私は家近くの駅から大阪駅へ出かける時、JRの「昼間特割きっぷ」を利用しています。関西、特に大阪近郊の駅では駅周辺のチケット屋自販機で昼間特割きっぷを買って電車に乗るのが常態化しています。昼間特割きっぷは平日は10時から17時までの限定利用きっぷですが、大変安いので利用価値は大きいのです。

ただ、駅周辺の自販機はどこも混んでいるのが常で、非常に買いづらいのです。自分の順番の前に売り切れてしまうこともありました。チケット屋の店員が常駐して、売る切れた後は手売り…というもう自販機の意味が無い場所もあります。

これを買うためにわざわざJRの緑の窓口に行くのも面倒くさいな…と思っていたのですが、いつのまにかJRきっぷ自販機でクレジットカード購入できるようになっていました。

クレジット購入は6枚セットですが、チケット屋バラ売りより当然安く買えます。私の利用駅から大阪駅までの昼間特割きっぷは6枚セットで960円、普通に買えば往復1回440円なので、かなりの交通費節約になります。

大量枚数のきっぷ吐き出しが若干遅いクレジット対応自販機ですが、少額でもクレカ利用が多く現金をあまり持ち歩かない私にとっては非常に便利です。

ICOCA(Suicaの西日本版)も一応持っているのですが出番が回ってくることはなさそうです。

カードで定期代を支払う派です。

通勤で使っているのが京王とJR東日本ですが、通勤時間が1時間ほどあり距離も乗り換えがあったり、距離も遠いので定期代がかなりいい金額になります。そこでポイントをつけるために楽天カードで買っています。交通費は会社支給で半年分一括購入しています。

なぜ楽天カードかというと自分自身楽天内場で買い物する機会が多く、また普段からクレジットカードを使う時には楽天カードを使っておりかなりポイントが貯まりやすいためです。楽天デリバリーや楽天ブックスなども利用していて、普段現金ではあまり買い物はしません。安い金額のコンビニでもカードで払ってしまいます。現金だとわざわざ銀行から引き出す手間がありますし、光熱費などの支払いもカードにしているからです。

やはり会社から交通費は支給されていると言っても、ポイントがもらえた方が得ですし楽天内での自分のグレードも上がってクーポン券ももらえたりするのでかなりお得です。またカードを作るだけでもポイントがもらえたりします。まだクレジットカードを作ってから数年しか経っていないので、他のクレジットカード会社をあまり知らないということもありますが、これからもっとお得なものも知っていきたいと思います。

今人気の楽天カード

最近になって一気に利用者が増加した楽天カード。もちろん私も使ってます。私は某スーパーで働いているのですが、クレジットカードを使って支払いをする人のうち30パーセント以上の人数が使用しています。

その楽天カードの魅力の一つがポイント還元率がいいことです。
楽天カードは100円につき1ポイントのポイントが付きます。それを1ポイント1円として使うことができます。例えば、コンビニで毎日ご飯を買うとして、一日1000円分1ヶ月で30000円分をカードで支払うとすると、300円分のポイントが付くということです。しかも対象のコンビニで買い物をすると曜日によってポイントが増えるのです。毎日コンビニに行く人に取ってはかなり大きいと思います。

私はよくインターネットで買い物をする時楽天を利用するのですが、そこで楽天カードで支払いをするとポイントが3倍になったりします。他にもポイントのサービスなどをしていると5倍にプラス3倍のポイント8倍サービスだったり、10倍にプラス3倍の13倍のサービスがあります。他にもエステや、美容院で楽天カードで支払いをするのですが、少し高い買い物をするときは特にポイントで少し安くなることを考えるとお得感があって嬉しいです。その楽天カードのポイントを楽天Edyに変えることもできます。楽天Edyに変えて利用するとそこで使った分がまたポイントになるというお得な循環になります。

今はまだ若い人を中心に広まっているカードですが、今後は幅広い世代で使われるであろうと思います。もし新たにクレジットカードを作りたいと考えていて、インターネットでよく買い物をするのであれば、楽天カードも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードを常に携行しておく生活習慣に助けられた

普段の買い物は現金主義である私には、成人したころから今日まで続いている生活習慣があります。どんな場所へ行くときでも、クレジットカードだけは携行するように気をつけていることです。

最近ではクレジットカードに対応した店舗が続々と登場していますから、たとえば衝動買いしたくなったときには重宝します。とりわけ数万円規模の買い物であれば手持ちの現金だけでは足りませんから、クレジットカードを使うというわけです。

そんな私の生活習慣が功を奏した出来事があり、ますます携行し続けておくべきだと感じさせられました。私と友人の二人で食べ放題のお店に出かけたときのことです。ランチタイムに入店してドリンクバーの制度を利用する意思表示をしたので、二人合わせて4千円オーバーの支払いになることが予測できました。

成人式から数年が経過した大人同士ですから、それなりに現金は持ち合わせているはずでした。ところが、そのときは二人とも財布を忘れてしまっていたのです。制限時間が近づいてきたとき、私はクレジットカードを携行していたことを思い出しました。恐る恐るレジカウンターに向かうと、私が所持しているクレジットカードでの支払いに対応していたので難を逃れられました。

使うのが恥ずかしくなるクレジットカード

私が一枚だけ持っているのは、女性の絵がプリントされたものです。これを作ったのは大学4年生のころで、ちょうど就職先が決まって上機嫌になっていたと思います。当時遊んでいたネットゲームが独自のカードを発行している情報を得たので、一人のユーザーとしてゲットしなければならないと思ったのです。

コンビニのアルバイトを週7日も頑張っていたために、それなりに収入はありました。特に問題なく審査に通ることができましたから、希望通りの絵柄のカードが手に入ったのです。そのあとは大学を卒業するまで友人に見せびらかしたりして過ごしていましたが、社会人になってから当時の私の判断が少しだけ間違っていたような気がした出来事に遭遇しました。

新卒で入社した会社の新人だけで飲食店へ行くことになり、支払いのときには参加者全員から現金を集めて私のカードを使うことを思いつきました。大人ならスマートにカード払いしてみたいと考えていたので、参加者に見せびらかすようにして支払いを行ったときのことです。カードに描かれた女性の絵を見た同僚が苦笑いを浮かべ、そのとき初めて私は恥ずかしい行動に出てしまったことを痛感しました。それからというもの、あまりカードを使わなくなりました。