クレジットカードを常に携行しておく生活習慣に助けられた

普段の買い物は現金主義である私には、成人したころから今日まで続いている生活習慣があります。どんな場所へ行くときでも、クレジットカードだけは携行するように気をつけていることです。

最近ではクレジットカードに対応した店舗が続々と登場していますから、たとえば衝動買いしたくなったときには重宝します。とりわけ数万円規模の買い物であれば手持ちの現金だけでは足りませんから、クレジットカードを使うというわけです。

そんな私の生活習慣が功を奏した出来事があり、ますます携行し続けておくべきだと感じさせられました。私と友人の二人で食べ放題のお店に出かけたときのことです。ランチタイムに入店してドリンクバーの制度を利用する意思表示をしたので、二人合わせて4千円オーバーの支払いになることが予測できました。

成人式から数年が経過した大人同士ですから、それなりに現金は持ち合わせているはずでした。ところが、そのときは二人とも財布を忘れてしまっていたのです。制限時間が近づいてきたとき、私はクレジットカードを携行していたことを思い出しました。恐る恐るレジカウンターに向かうと、私が所持しているクレジットカードでの支払いに対応していたので難を逃れられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です